メンズ化粧水コラム一覧 女から見た男の肌

 男性にも「スキンケア」の習慣が広がっている一方で、「洗顔すればいい。スキンケアなど必要ない」、「妻のスキンケア製品を使えば充分」という間違った考え方も根強く残っています。

 これは男性の肌がどのような性質なのか、正しく把握できていないためでしょう。

 洗顔はもちろん重要ですが、男性こそ「保湿」というスキンケアが必要ですし、女性の肌とはまったく異なる性質のため、女性用のスキンケア製品では保湿が不十分なのです。

 私は、30歳を過ぎたあたりから肌の衰えを感じるようになりましたが、それでも妻の化粧水を使用するなど、効果の低いスキンケアをしていました。そのためにしわやシミに悩まされるようになったのです。鏡を見るのが嫌なくらい、老いを感じるようになりました。

 今回は、男性と女性の肌がどれくらい違う性質なのかについてお伝えしていきます。ぜひ的確なスキンケアをして、自分の肌を大切にし、若々しさを保ってほしいですね。

水分量と皮脂分泌量の違い

男性と女性の水分量

 男性の肌と女性の肌では、見た目からしてみずみずしさが違いますね。

 それもそのはず。男性の肌は、女性の肌の「水分量」の「半分」しかないのです。潤いがそもそも女性の半分なのですから、「乾燥」しやすいのは仕方がありません。ただ、男性は自分の肌に鈍感な傾向がありますので、乾燥していることに気が付かないケースが多いのです。乾燥しているという実感がないのでしょう。これは皮脂分泌量が女性よりも多いために気づきにくいという理由も考えられます。

 「男が自分の肌なんかにこだわってるんじゃねえ」という意見も聞こえてきそうですが、それは美容という観点だけの話ではありません。

 乾燥が続くことで皮膚に「たるみ」や「しわ」ができやすくなります。つまり女性よりも老けやすいということです。どんな男性もいつまでも若々しくいたいという気持ちは強いのではないでしょうか。

 さらに少ない水分を守ろうとして、皮脂がより多く分泌されるようになります。結果として「テカテカ」や「ベトベト」という状態になるのです。

 つまり本来であれば、男性は女性よりも「保湿対策」をしなければならないのです。男性にこそ化粧水は必要だといえます。そのためメンズ化粧水は、女性用よりも多くの水分を補えるように開発されているわけです。

男性と女性の皮脂分泌量

 男性は水分量が女性の半分しかないわけですが、「皮脂分泌量」は逆に男性は女性の「3倍」になります。

 皮脂は、水分を蒸発しにくくしてくれるので、潤いを保つためには必要なのですが、過剰に分泌されると逆に問題です。「ベトベト」や「ギトギト」の原因になるからです。そうなるとやはり不潔感があります。印象としては最悪でしょう。他にも皮膚炎などの原因にもなります。

 皮脂を取り除くために「洗顔」が重要になってくるのですが、洗顔後に放置しておくと、油分の不足を補うために過剰に皮脂が分泌され、結局「ベトベト」が悪化し、問題は解決されません。

 そのためメンズ化粧水は、洗顔後、「適度な油分」を補えるように開発されています。洗顔した直後にメンズ化粧水をつけることで、皮脂を余計に分泌することを防ぎ、清潔感のある肌を保つことができるわけです。

 女性用の化粧水では、ここまで皮脂量をコントロールすることは難しいでしょう。基本的に男性が使用すると、過剰な油分を摂取してしまうことになります。

皮膚の厚みと紫外線対策

男性と女性の皮膚の厚み

 男性と女性の肌がこうも違う理由は、ホルモンの違いです。ホルモンの違いが、皮膚の代謝に大きな影響を及ぼしているのです。

 男性と女性は、そもそも皮膚の「厚み」が異なります。

 皮膚が厚いと、硬くなりますし、キメも粗くなります。皮膚が薄いと、柔らかいですし、キメも細かくなるのです。

 では、「男性と女性のどちらの皮膚が厚いのでしょうか?」

 もちろん男性ですね。キメが粗いために、毛穴が目立つようになります。老けた印象が強くなるのもそのためです。

 だからこそ男性は毛穴の汚れを落とすための洗顔が重要なのです。さらにその毛穴を目立たなくし、肌のキメを整えてくれる化粧水の存在も欠かせません。

 男性は女性よりも「スキンケア」を通じて、「エイジングケア」をすることの必要性を感じなければならないはずなのです。

男性の肌の強みと弱み

 皮膚が厚いことでメリットはあります。それは「外敵の刺激に強い」ということです。外敵の刺激で最も注意しなければならないのが、「紫外線」になります。

 女性は、紫外線が肌の天敵であることを認識していますが、男性はあまり感じていません。

 女性の肌は薄いので、紫外線の影響を強く受けやすくなっているのです。ですから女性は常に紫外線を警戒しています。

 男性の場合は、外からのダメージケアよりも、乾燥や過剰な皮脂分泌から起こる肌トラブルに注意が必要になります。シミについても紫外線の影響というより、スキンケアのやり方を間違えて皮膚を傷つけてしまって発生している可能性が高いのではないでしょうか。

 ただし紫外線によるダメージがまったくないわけではありませんので、レジャーやゴルフなどで外出する際には、こまめに日焼け止めをすることは大切です。

まとめ

 男性はスキンケアに無頓着なために、自ら肌をボロボロにしてしまっている危険性があります。

 「洗顔をして皮脂をしっかり取り除くこと」、「化粧水で保湿成分をしっかりと浸透させること」、この2点は男性のスキンケア・エイジングケアには欠かせません。

 さらに肌を良い状態に維持したいのであれば、「美容液」や「乳液」によって保湿を高めていきましょう。

 この場合だと、「化粧水・美容液・乳液」といった要素をすべて詰め込んでいる「オールインワン」のスキンケア製品が手軽に使えるのでオススメです。

 早い段階でスキンケアをしておけば、若々しい肌を長く保つことができます。清潔感があり、元気な肌はあなたに自信ももたらしてくれることでしょう。

 ぜひ、面倒に感じることなく、毎日欠かさずに一日二回はスキンケアする習慣をつけていってください。後で後悔しても手遅れなのですから。

 

▼▼▼メンズ化粧品の価格順ランキングはこちら▼▼▼